南国か!ミランの2015-16新サードユニフォームがなかなかスゴイ

本田圭佑が加入3シーズン目を迎えるミランは、先週末のセリエA開幕戦、ホドリゴ・エーリの退場もありフィオレンティーナに0-2で完敗。シニシャ・ミハイロヴィッチ新監督にとっては厳しい船出となったが、今週マリオ・バロテッリがリヴァプールからのローンで復帰し攻撃陣は厚みを増している。 AC Milan 2015-16 adidas Third 27日に発表されたミランの2015-16新サードユニフォームは、ホーム、アウェイと同じく現在開催中のミラノ万博に敬意を表したデザイン。 深い緑を基調にアクセントとして黄色を配し、シャツの背面にあるタグには万博を象徴するカラーが用いられている。 さらにそんな“ワンポイント”だけではなく、パンツは大胆なグラデーションを用いて万博を表現! ソックスにも黄色を採用し、まるで南国のような雰囲気となっている。早くこのユニフォームを着て試合に臨む姿が見てみたい・・・。 キャプテンのリッカルド・モントリーヴォとともに中央に入った本田。開幕戦では味方の退場直後に交代を余儀なくされたものの状態は決して悪くなく、新戦力が揃うFW陣をトップ下として生かすことでレギュラーに定着したいところだ。 ミランの次戦は29日。ホーム開幕戦でエンポリと対戦する。