初招集の阿部浩之、ハリル監督の印象は「要求が多いというか、要求が高い」

youduoadmin ニュース ,

9日に開幕するEAFF E-1サッカー選手権2017に臨む日本代表は、6日に都内でトレーニングを行った。初招集された川崎フロンターレの阿部浩之がヴァイッド・ハリルホジッチ監督の印象を語った。

「要求が多いというか、要求が高い」とハリルホジッチ監督の印象を話す阿部。「チームとして成立する」ためにも要求に応える必要があるとしつつ、「全部を聞いてても、(自分の)良さが出んかったら意味ない。そこはうまくやれたらなと思います」と力強く語った。

求められているサッカーもクラブと日本代表ではそれぞれ違うかとの問いには「そうですね。ガンバの時に近いサッカーですし、でも、いろんなサッカーをしてるんで、自分の深みになると思います。吸収することで、吸収することを楽しんでます」と前向きに捉える。

阿部は昨季までガンバ大阪でプレーしていたが、今回は中盤にG大阪の今野泰幸と井手口陽介がいる。彼らと一緒ならやりやすいかと記者から質問されると「もちろん。だいたいのプレーは分かってますし、信頼できるチームメイトなんで」と答えた。

      

You May Also Like..

W杯出場停止の“ペルーの英雄”ゲレーロが怒りの訴え!

    5月14日(現地時間)、禁止薬物 […]

JFAアカデミー堺 4期生卒校式を実施

   JFAアカデミー堺は3月14日(水 […]

日本と対戦!マリ代表メンバー発表、南野の同僚もいるぞ

   16日、マリサッカー連盟は23日の […]